サイトマップ

ロックジオバンク工法(落石防護補強土壁工法)

『最大4500kJの落石エネルギーに対応した、補強土壁』

構造

ジオグリッドを用いた補強土壁を構築し、緩衝体(落石衝突面)に高密度ポリエチレン製樹脂の立体ハニカム構造で配置されるテラセル(ジオセル)、中詰材には緩衝効果の高い単粒度砕石を用いることにより、最大4500kJの落石エネルギーに対応できます。(※崩壊土砂についても対応可能です。ご相談ください。)

ロックジオバンク工法の構造図

構造体タイプ

名称 RGB-TYPE Ⅰ RGB-TYPE Ⅱ RGB-TYPE Ⅲ
適用範囲の目安
(落石エネルギー)
~1400kJ 1400kJ<E≦2700kJ 2700kJ<E≦4500kJ ※
構造図

※4500kJ以上は別途ご相談ください。

落石防護工の適用範囲の目安

落石防護工の適用範囲の目安

実物実験による性能照査

高さ4.2mのロックジオバンク供試体を斜面高37.0m、斜面勾配40~50度の斜面法尻に設置し、最大17.1tの重錘を落下させた実物実験にて性能照査を行っています。
実物実験・データ解析は国立大学法人 金沢大学との共同研究で実施しています。

  • 重錘落下状況
    重錘落下状況
  • 画像解析例
    画像解析例

資料ダウンロード

PDF資料で、施工事例や規格表をご覧いただけます。
資料をダウンロードするにはフォームの入力が必要です(初回のみ)。

ロックジオバンク工法カタログ(表紙画像)
掲載内容
  • 工法の特徴
  • 構造図
  • 構造体タイプ
  • 落石防護工の適用範囲の目安
  • 落石実物実験による性能照査
  • 施工実績
ダウンロード

関連リンク

実験動画

Geo BANK工法研究会のサイトで、実験動画をご覧いただけます。
Geo BANK工法研究会の実験動画ページはこちら

実績紹介

Geo BANK工法研究会のサイトで、ロックジオバンク工法の施工実績をご紹介しています。
Geo BANK工法研究会の実績紹介ページはこちら

お問い合わせは、お電話・FAXまたはWebフォームから受け付けております

お問い合わせフォームへ