サイトマップ

リバウンドキャッチフェンス工法(新落石防護システム)

『HRF工法(PCF工法)と緩衝材のダブル機構で、5000kJクラスの落石に対応』

構造

RCF工法は、高エネルギー吸収型落石防護柵であるHRF工法またはPCF工法と、その柵背面に設けられた緩衝材(サンドクッション・発泡スチロール等) のダブル機構により、5000kJレベルの落石エネルギーに対応することが出来ます。

リバウンドキャッチフェンス工法の構造図

資料ダウンロード

PDF資料で、施工事例や規格表をご覧いただけます。
資料をダウンロードするにはフォームの入力が必要です(初回のみ)。

ハイパワーフェンス工法カタログ(表紙画像)
掲載内容
  • ハイパワーロックフェンス工法(高エネルギー吸収落石防護柵)
  • パワーキャッチフェンス工法(高エネルギー吸収落石防護柵)
  • ハイパワースノーフェンス工法(雪崩・落石兼用防護柵)
  • ハイパワーアースフェンス工法(崩壊土砂防止柵)
  • リバウンドキャッチフェンス工法(新落石防護システム)
  • 各工法の構造、特長、施工実績など
ダウンロード

お問い合わせは、お電話・FAXまたはWebフォームから受け付けております

お問い合わせフォームへ