サイトマップ

ハイパワーロックフェンス工法(高エネルギー吸収落石防護柵)

『1000kJレベルの落石に対応可能な高エネルギー吸収型落石防護柵』

構造

HRF工法の主要部材は、高い剛性と優れた変形性能を兼ね備えた支柱、エネルギー吸収機構の要である緩衝金具、落石エネルギーを柵全体に分散させる分散維持装置、その他ワイヤロープ、金網等から構成されています。また、支柱と緩衝金具は複数のタイプから選定することが出来るため、設計条件に合った経済的な計画が可能となります。

ハイパワーロックフェンス工法の構造図

性能試験

使用部材の性能照査として、支柱の静的曲げ試験では剛性と変形性能、緩衝金具の性能試験では、滑り張力と滑り量の範囲を確認しています。また、実物実験では柵全体の挙動や、分散維持装置の効果を確認しています。

  • 実物実験
    実物実験
  • 支柱の性的曲げ実験
    支柱の性的曲げ実験
  • 緩衝金具の性能試験
    緩衝金具の性能試験

資料ダウンロード

PDF資料で、施工事例や規格表をご覧いただけます。
資料をダウンロードするにはフォームの入力が必要です(初回のみ)。

ハイパワーフェンス工法カタログ(表紙画像)
掲載内容
  • ハイパワーロックフェンス工法(高エネルギー吸収落石防護柵)
  • パワーキャッチフェンス工法(高エネルギー吸収落石防護柵)
  • ハイパワースノーフェンス工法(雪崩・落石兼用防護柵)
  • ハイパワーアースフェンス工法(崩壊土砂防止柵)
  • リバウンドキャッチフェンス工法(新落石防護システム)
  • 各工法の構造、特長、施工実績など
ダウンロード

お問い合わせは、お電話・FAXまたはWebフォームから受け付けております

お問い合わせフォームへ