サイトマップ

イージーネット工法(防災対策工)

『繊維ロープによる新しい防災対策工』

イージーネット工法は、落石発生源対策工、落石などに対する安全対策工として生れた工法です。イージーネット(繊維ロープ)を使用し、落石の可能吸収エネルギーは200KJ。さらに斜面の植生など自然環境との調和にも考慮が成されています。

スタンダードタイプ(支柱式)

スタンダードタイプ(支柱式)のイメージ画像

ヒンジ式の鋼管支柱を用いて、イージーネットを設置するタイプ
支柱とそれを支える各種ロープを構成し、イージーネットを取付ます。

イージーネット工法(スタンダードタイプ)の構造図

マルチタイプ(立木式)

マルチタイプ(立木式)のイメージ画像

自然の立木を利用して、イージーネットを設置するタイプ
エースラインで柵高調整を行い、AKブロックを介してイージーネットをカーテンの様に設置します。

イージーネット工法(マルチタイプ)の構造図

カバータイプ(覆い式)

カバータイプ(覆い式)のイメージ画像

斜面上の転石や浮石を、イージーネットで覆うタイプ
イージーネット同士を繊維口一プで連結し、各交点を主アンカーにて固定します。

イージーネット工法(カバータイプ)の構造図

資料ダウンロード

PDF資料で、施工事例や規格表をご覧いただけます。
資料をダウンロードするにはフォームの入力が必要です(初回のみ)。

イージーネット工法カタログ(表紙画像)
掲載内容
  • スタンダードタイプ(自立式)
  • マルチタイプ(立木式)
  • カバータイプ(覆い式)
  • その他の使用用途
  • ネット規格・性能表
ダウンロード

お問い合わせは、お電話・FAXまたはWebフォームから受け付けております

お問い合わせフォームへ